過剰中出し重症アナフィラキシー

初心だと思ったのに実は淫乱だった等付き合っている女への不満を抱えている人も多いと思います。

そんな時は女をそのまま放置せずきちんとした措置を施す必要があります。

吉井りおは清楚な感じのスレンダー美人。見た目とは裏腹にチンポが大好きなスケベ女です。

しかし彼氏は吉井のスケベ振りに閉口すると同時にもう飽きていました。

そこで東熱が彼氏に要らない女の処分法を助言。合法的なやり方で吉井は地獄へと送られていきます。

 冒頭吉井は彼氏とイチャイチャ。エッチがしたくて仕方ない様子だ。

彼氏はいつもと少し趣向を変えようとロープを用意。吉井はディープキスの後目隠しされロープで全身を縛られる。

そしてパンストとパンティを脱がされ指マン。さらにバックスタイルで指マンが続き全身をビクビクと反応させチンポを懇願。よだれを大量に垂れ流しながらチンポにむしゃぶりつきフェラチオを開始する。

 頭を押さえ付けられ喉の奥までチンポを突き入れられるとさらに大量のよだれが溢れ口の周りはグショグショに。

続いて生チンポがマンコにズブリ。屈曲位で目隠しをとられ結合部分を見せ付けられると同時に知らない男がハンディを持って絡みの様子を撮影している事に驚くも激しくピストンされ絶頂。ザーメンを注入される。

事後その映像は東熱に渡され吉井を貶める計画が進行する事に。

 次にイメージシーンを挟んでお嬢様っぽい清楚な服装でのモデル面接場面が続く。吉井は誰もが憧れるモデルを目指すと語る。

しかし面接官の机の上に置かれたハンディカメラに自分の痴態が映し出されている事に驚愕。訳が分からず呆然とするがテープをばら撒くと脅かされ直にAVの撮影に入る事に。

バイブを渡されてオナニーを強要されると激しく抵抗。しかし既にパンティにシミが滲んでいる事を指摘され仕方なくオナニー開始。さらにテーブルの上にそそり勃つディルドの上に自ら跨りオマンコにズブリ。激しく腰を動かして大声で喘ぐ。続いて2本のチンポを強制仁王立ちフェラ。喉の奥まで深々と刺し込まれ何度もチンポを吐き出しそうになり嗚咽。  さらに正常位でオマンコに生チンポを挿入される。

屈曲位、側位、騎乗位。白濁した愛液が噴出しチンポに付着。続くバックで激しくピストンされるチンポに膣肉が吸着する様子は卑猥。そして吉井の抵抗虚しく生中出し。

直後2本目が正常位で生ハメ。激しく嫌がる吉井のオマンコにザーメンが強制注入される。

事後醜く変形した肉ビラが生カンの激しさを物語る。

しかしこれで終わりではない。吉井は開脚ポーズで押さえ付けられたままクリトリスを弄くりオナニー。その周りに男達が集まりパックリと開いたオマンコに射精直前の生チンポを次々と刺し込み膣内射精を強行。  恥丘に射精直後膣内に挿入してザーメンを搾り出す者やオマンコに挿入後何度もピストンして奥までザーメンを注送する鬼畜プレイを行う者も。吉井は合計8発のザーメンを注がれオマンコドロドロ。しかしまだ解放されない。ザーメンで汚濁するオマンコを電動アンマ器で刺激されると同時に顔面に次々とザーメンを浴びせ掛けられる。

合計9発のザーメンで顔中酷い状態に。

アンマ器責めに呻き思わず開いた口の中にも大量のザーメンが放出される。

そして強制的にイカされたばかりか顔面のザーメンを顔全体に塗りたくられ苦しみ喘ぐ。  この後吉井は生中出し専門AV嬢として華々しくデビュー。今後の活躍が期待されている。

彼氏に飽きられた要らない女をまたひとり処分しました。

東熱は女の高価買取り実施中。未開発の女でも人前で生カンされる屈辱に耐えられるよう徹底的に調教するので心配いりません。 牝が妙な痙攣を起こし変な表情を見せたら危険ですよ。処分に困ったら無料の東熱廃棄物最終処理場までどうぞw —————————-05-01-2008記  本日の撮りおろし徹底陵辱ビデオは美脚OL系、吉井りおの 『過剰中出し重症アナフィラキシー』 を配信です。

まずは吉井を緊縛し涎マミレのイラマチオから縛ったままの鬼突き中出しで第1トランス状態へ引きずり込みます。

さらには自慰強要&鬼畜玩具で第2脳汁をブバブバ噴出させ、第3ステージでは当たり前の鬼輪カン連続中出しから汁男優暴走連続中出し+特濃大量顔射+失神電気按摩で人間とは思えない廃人のような表情に・・・。顔に無理矢理精子を塗り込まれ、無惨に横たわるラストシーンはまさに人間スクラップですなwww 『過剰な精液摂取で重症アナフィラキシーショック!作品』—————餌食情報名前 : 吉井りお (Rio Yoshii)身長 : 164cmスリーサイズ : B83(C). W58. H85靴サイズ : 24cm出身地 : 東京都星座 : 魚座血液型 : A型趣味 : 読書・ペットと遊ぶ好きなタイプ : アスリートタイプ

 

>>>動画はこちら